「木箱212」を中心とした住宅の設計・施工を行っています。
土壌蓄熱式床暖房
深夜電力を利用した土壌蓄熱式床暖房を採用しています。
1階基礎に埋設したヒートパネルに通電し、地下の土壌を暖めます。
日中は地下の蓄熱層で暖められた熱を室内に放出し、部屋全体を暖めるため、
深夜電力による通電だけで、終日の暖房をまかなうことができ、ランニングコストの削減につながります。

土壌蓄熱式床暖房


1階床は外断熱基礎を兼ねており、モルタルや大理石など熱容量の大きい床材を使用することで、床暖房の熱や、日中の太陽熱を効率よく蓄熱し、時間を掛けて室内に放熱します。
また、地中の温度は年間を通してほぼ安定しているため、夏は冷たい地熱を足元に伝え涼しく感じられます。